ア・ドマーニ春日部の
就労移行支援

どういった方が対象なの?

働きたい、だけど不安でまだ働けない

就労移行支援事業所
ア・ドマーニ春日部は
皆様の「働きたい」を
支援します!

就職までのサポート

  1. STEP1

    明るく優しいスタッフ

    ア・ドマーニ春日部に通っていただくことで生活のリズムを作っていただきます。明るいスタッフとの時間を楽しんでください。

  2. STEP2

    就労プログラム

    資格取得に向けた学習、マナー研修やビジネスレターの練習など就職に役立つスキルを身に着けていただきます。

  3. STEP3

    就職活動

    加盟機構との連携の上、お一人おひとりにあった就労先を探します。その選定はもちろん、面接についても我々が全面バックアップいたします。

  4. STEP4

    職場定着

    就労支援は就職して終わりではありません。
    皆さんが就職した職場でやりがいを持って就労を継続できるようサポートいたします。

具体的な1日の流れはこちら

企業の経理や会計事務所で働きたい方!
ア・ドマーニの「会計実務プログラム」

ア・ドマーニ春日部では、将来経理などのお仕事を希望の方に、基礎から学べる「会計実務プログラム」を用意しています。
経理のお仕事に就きたい方、興味がある方には、おすすめのプログラムです。

初めてでもわかる!!
会計基礎講座では、公認会計士の資格を持っている海津先生が担当します。講座では身近な例えを交えながら講座をおこないますので、自然に理解が進み、安心です。

  1. 簿記の初歩からスタート。会計ソフトの扱い方を学びながら、会計実務力を身に付けます。

    簿記の基礎知識の学習からスタートし、経理・会計の基礎知識を身につけます。
    その後、会計ソフトを使用した練習を繰り返しおこなう事で、実務力が身につきます。

  2. 初めての方も、経験者も一人ひとりに合わせて

    会計知識のない利用者さんは、簿記3級の学習DVDを活用。(社会福祉支援研究機構の資格DVDの一つです)学習後は会計ソフトの扱いについて練習をおこないます。また、会計知識のある利用者さん、手書きの経理業務経験のある利用者さんは会計ソフトの扱いからスタートしていきます。

  3. 業務の効率化を図るコンピューター利用技術も習得

    ビジネスアプリケーション(word、excel)を扱える環境もあります。 パソコンが初めての利用者さんはP検定の学習から始め、その後 ビジネスアプリケーション(word、excel)の練習をおこなっていきます。
    卒業時(就職)までにMOS(マイクロソフト オフイス スペシャリスト)の資格に合格される方も多くいます。 (MOS EXCEL168名合格/加盟事業所2019年6月末集計)

  4. 人材ニーズの高い「経理職」

    必要とされる知識は業界問わず全ての企業で通用します。 企業からのニーズは高く、毎年安定した求人につながっています。

取得可能な資格

PCスキル、コミュニケーション学習、ビジネスマナーなどのビジネス系の基礎資格から、各種の専門資格まで、幅広いラインナップを取り揃えています。ラインナップは、今後もどんどん増やしていく予定です。

  • 宅地建物取引士(宅建)
  • マンション管理士
  • 簿記検定3級
  • MOS(Word、Excel、PowerPoint)
  • サービス接遇検定
  • ビジネス実務マナー検定
  • 医療事務講座
  • ビジネスプレゼンテーション検定基礎
  • ビジネス会計基礎
  • 太陽光発電アドバイザー
  • シックハウス診断士
  • 社会保険労務士
  • 管理業務主任者
  • 給与計算検定
  • 色彩検定
  • ビジネス文書検定
  • P検(ICTプロフィシエンシー検定協会)
  • メンタルヘルス基礎検定
  • ピアカウンセラー
  • ビジネス法務基礎
  • 住宅販売士補
  • 住宅ローン士補
  • 行政書士
  • FP技能検定3級
  • CAD取扱技術者
  • 秘書検定
  • ビジネス電話検定
  • CAD基礎
  • コミュニケーション基礎
  • コミュニケーションリーダー2級
  • 環境アレルギーアドバイザー
  • 敷金診断士
  • 住宅建築コーディネーター

<取り扱いラインアップの例>

は試験免除プログラム対象資格

は事業所内受験対象資格

「試験免除プログラム」とは

一般的な試験の流れと異なり、ア・ドマーニ春日部へ通い、学習を重ねて合格を目指せるプログラムです。

一般受験との相違・その1

一般的な試験の流れ(環境アレルギーアドバイザー試験の場合)

試験免除プログラムの流れ(環境アレルギーアドバイザー試験の場合)

一般受験との相違・その2

一般受験 免除プログラム
試験日程 年1~2回程度。
試験日に合わせた学習が必要。
試験免除(通所学習による認定)。
試験会場 全国数か所の指定会場。
遠方の会場が指定される場合も。
ア・ドマーニ春日部で
無理なく資格が取得できる。
試験の雰囲気 大勢が集まる会場で、
過度の緊張のため実力が出せない人も。
いつもの学習環境で、
落ち着いて学習に取り組むことができる。
受験手続き 試験ごとに手続きが異なり煩雑。 事業所の取りまとめにより、手続きも簡単。
合格率 30~60%程度。不合格の場合には、
それまでの学習実績は全く評価されない。
プログラムを着実にこなすことで合格認定へ。

利用開始までの流れ